[[NanohaWiki.cn]]

攻击魔法以外的项目,请参照[[贝尔卡式(防御・捕获・结界・辅助))]]中的项目。
//ドイツ語の名詞は大文字で始める。他の名詞や格変化のない形容詞と連結する場合、文字の間を空けない。

:BELKA System|
「ベルカ」は管理世界の一つの名前と思われるが、A's終了時点では明言されていない。
//注:StrikerS公式ページではミッドチルダの極北に位置する自治領とされている
A'sから登場した魔法体系で、綴りはA'sDVD2巻初回特典が初出。~
かつてはミッドチルダ式と次元世界を二分する勢力を誇っていた。
現在は衰退しているが、根強い使用者がいる。~
武器や徒手を用いて接触した対象に直接魔力を叩き込むのを基本としている。
遠距離戦・複数戦闘をある程度切り捨て、近接系による個人戦闘に特化しているのがその特徴。~
ベルカ式特有の言葉として、優れた術者のことを「騎士」と呼んでいる。
「守護獣」「魔導騎士」といった呼称もあるが、本編中では該当者がそれぞれ一名ずつしかいない。
また、「騎士」に相当しない術者の呼称も、本編中では登場していないため、不明である。~
ミッドチルダ式の魔法杖のデバイスではなく、ほとんどはカートリッジシステムを装備した武器型の[[アームドデバイス]]を使う。
ただし、そのカートリッジシステムの扱いの難しさが、ベルカ式魔法が衰退した原因の一つに数えられている(VFBの魔法解説)。~
またベルカ式は[[インテリジェントデバイス]]の極端形[[融合型デバイス]]も開発している。~
言語体系は、我々の世界でいうドイツ語に酷似している。
ただし、[[闇の書の意志>登場人物(A's)#d7c4b118]]だけは蒐集した魔法にミッドチルダ式も含まれるためか、英語のときもある。
また、一部には、我々の世界の北欧神話に登場する名前が使われている。
北欧神話は、元々はドイツ人を含むゲルマン民族に伝わる神話であり、ドイツ語に酷似しているベルカ式魔法に登場しても違和感はない、とする説もある。~
魔法陣は、頂点に円を持つ正三角形。
ごくまれに円形のものも使用している(A's第5話の闇の書起動シーン等)が、これもミッドチルダ式の円形魔法陣とは違い、内部では正三角形を組み合わせた六芒星が回転している。~
術者は[[闇の書の意志>登場人物(A's)#d7c4b118]]、及びその守護騎士の[[シグナム>登場人物(A's)#n52db24a]]、[[ヴィータ>登場人物(A's)#e5a2063c]]、[[シャマル>登場人物(A's)#s016e062]]、[[ザフィーラ>登場人物(A's)#d54f515f]]。~
また[[八神はやて>登場人物(A's)#j9f15369]]も魔法陣からベルカ式の使い手だと思われる。
魔導書の力の全てを扱うことが可能とされているので、ミッドチルダ式魔法も行使できるが、A'sSS03で少し触れられているのみで、本編中ではその描写はない。
ただし、A's第12話ではやてがラグナロクを行使した時に、ミッドチルダ式魔法陣を展開させている。(DVD収録時に修正)~
~
注記:
NanohaWikiでの記載では公式情報に従うので、カタカナ表記が本来のドイツ語発音とは若干異なることがある。
また、日本語訳は公式資料に情報があるものはそれに従い、ないものは、あくまで当NanohaWiki内で独和訳したものである。
正式名称が日本語・英語となっている魔法でも、デバイス等によるドイツ語発音がある場合には参考に併記している。~
[[闇の書の意志>登場人物(A's)#d7c4b118]]が行使した魔法のうち、明らかにミッドチルダ式魔法と判別できるものは、[[ミッドチルダ式(攻撃)]]の項に掲載している。~
魔法ランクは現在のところ、メガミマガジン2006年4月号掲載の設定資料にのみ記載されている。~

#contents

* 魔力附着攻撃 [#ka8dd0ec]
可以说是贝尔卡式魔法的真髓,以直接打击来击败对手的魔法。~
在作为武器的魔导器或自身的肉体上附着自己的魔法进行攻击。是贝尔卡式骑士的基本攻击奥义。~

***テートリヒ・シュラーク(Tödlichschlag) [#ue5714c4]
使用者:[[ヴィータ>登場人物(A's)#e5a2063c]]~
明言して使用しているシーンは少ない(A's第1話のみ)が、おそらくグラーフアイゼンがハンマーフォルムの際に使用する打撃攻撃は全てこれであると思われる。
防御されても相手を吹き飛ばす程の威力を持ち、命中・防御問わずに対象を破壊する。~
日本語訳:痛烈な一撃(A'sDVD1巻ブックレット)~
使用話数:A's第1話、他~

***爆炎铁槌(Raketenhammer) [#l4be30c4]
使用者:[[ヴィータ>登場人物(A's)#e5a2063c]]~
魔法等级:AA+~
グラーフアイゼンのラケーテンフォルムから繰り出す大技。
カートリッジの魔力を燃料としてロケットのように噴射させ、加速させた上で目標に叩きつける。
推進剤の噴射と回転の遠心力も合わせて打撃力を高める。また先端部が対象の防御に食い込み、受け流しを困難にするという特徴も持っている。~
バリア破壊能力に長けたその威力は、防御には定評があったなのはのラウンドシールドを貫通してレイジングハートを大破させ、プロテクションを打ち破り、最後の切り札ともいえるリアクターパージを行使させるまでに追い込んだ。~
だが、レイジングハート・エクセリオンを得たなのはのプロテクション・パワードには防がれてしまった。~
A'sDVDブックレットの解説やメガミマガジン設定資料特集によると、攻撃のみならず本人の加速にも使用できるとあり、実際に使用するとき、なのはとの距離を加速によって一気に詰めている描写がある。~
また、カートリッジを消費して加速を維持する、という記述があるので、加速時間を延ばすことでさらにパワーを上げれば、あるいはプロテクション・パワードを破ることが出来たのかもしれないが、それが本当に可能かどうかは、現在のところ不明である。~
日语直译:推进式铁锤~
使用话数:A's第1话、第5话~

***フランメ・シュラーク(Flammeschlag) [#k3dee15a]
使用者:[[ヴィータ>登場人物(A's)#e5a2063c]]~
A's第9話で、なのはを不意打ちした時のヴィータが使った、魔力付与系打撃攻撃。
命中時に着弾点を燃焼させる追加効果がある。
周囲に可燃物が見当たらなかったにも拘らず激しく炎上し、攻撃を受けたなのはが炎の中から現れたのはこのためだと思われる。
ただし、相手が防御に定評のあるなのはだったためか、ほとんどダメージらしいダメージを与えられなかった。
//それを見て、ヴィータが思わず漏らした「悪魔め……」の呟きと、対するなのはの返事は有名。~
カートリッジを1発消費する。~
詳細はA'sDVD4巻ブックレットが初出。~
日本語訳:炎の打撃~
使用話数:A's第9話~

***ギガントシュラーク(Gigantschlag) [#e6fd911c]
使用者:[[ヴィータ>登場人物(A's)#e5a2063c]]~
グラーフアイゼンのギガントフォルムから繰り出されるヴィータ最大の一撃。
結界・バリア破壊効果を併せ持つ。~
ヴィータの身の丈ほどもあるギガントフォルムを振り回し、さらに数十倍にまで巨大化させ、その質量と込められた魔力による、単純ゆえに強力無比な一撃を叩きつける。~
破壊力だけに着目するなら、ヴォルケンリッターの技の中でも最強を誇るが、巨大なギガントフォルムを取り回すため、小回りが利かないうえにスキも大きくなってしまうのが難点。~
A's第12話において、闇の書の闇が展開した魔力と物理の複合四層式バリアの第一層を、先陣を切って破壊し、作戦の口火を切った。巨大で強固だが動かない目標という意味では、ギガントシュラークの恰好の的だったといえる。~
ヴィータの掛け声は、
>「轟天爆砕!」

日本語訳:巨人族の一撃~
使用話数:A's第12話~

***猛蛇之牙(Schlangebeißen) [#ofa2afe1]
使用者:希格纳姆~
雷班帝在蛇刃形态下作出的攻击的总称。~
蛇刃形态可以对原本不可能的范围,以及中距离进行攻击。同时能够削弱敌方的移动、机动力。~
名称首次出现于A'sDVD2卷的解读书。~
日本直译:蛇咬~
使用话数:A's第5话~

***猛蛇锐牙(Schlangebeißenangriff) [#z0f86d02]
使用者:希格纳姆~
魔法等级:AA+~
雷班帝在蛇刃形态下,希格纳姆在延长的连结刃上附着魔力后进行空间攻击。拥有将强力的防壁破坏的能力。~
不过也存在着发动时无法移动,也很难进行防御的弊端。~
名称最早出现于女神杂志的设定资料集,在A'sDVD3卷的解读书中也有出现。~
具体竟究是在猛蛇之牙上追加要素,还是纯粹与猛蛇之牙属于完全不同的概念,这点并没有说明清楚。~
而且猛蛇之牙这个名字在正篇中并未出现。
根据正篇中的描写进行推测,是否向雷班帝施加魔力,可能只是导致在蛇刃形态中刀身展开的长度不同。
其他也有包围攻击的说法,也都只是推测而已。~
VFB中,Schlangebeißenangriff也记叙为Schlangebeißen。~
而且猛蛇之牙是在蛇刃形态下攻击的总称,可以说是作为猛蛇锐牙上一级的概念。~
日本直译:蛇咬攻击~
使用话数:A's第7话~


* 射击魔法 [#m32262a0]
贝尔卡式魔法虽然注重接近战,由其是在可接触的物体上附着魔力是最基本的内容,但另一方面将魔力脱离身体或物体,单独射出这种情况几乎没有考虑过。~
因此远距离攻击时会伴有投掷或有线武器之类的实体,作为射击武器的延伸。~
风云骑士的远距离攻击使用的全部都是武装型魔导器。~
与米德切尔达式相比,在速度和射程上欠缺,但在破坏力上占优。~

** 诱导控制型 [#jd59b5fc]

***嗜血飞刃(Bloody Dagger)/(Blutiger Dolch) [#v9bd5702]
使用者:暗之书的意志~
魔法等级:AAA~
暗之书的意志所使用的锁定型自动诱导型高速射击魔法。
如其名字一样,发射出血红色的实体化钢质短剑。着弹的同时附带爆裂效果。
弹速之快几乎无法用眼睛识别,还可以进行远程设置。~
可以与一般的射击魔法一样,从自己一侧朝目标发射,也可以突然出现在对方(奈叶与菲特)的周围。~
暗之书的意志第一次使用时的咏唱为
>「刃&ruby(も){以};て、血に染めよ。&ruby(うが){穿};て、ブラッディダガー」

而第二次而为“沉入黑暗吧”。
暗之书本身则以德语说道“Blutiger Dolch”。~
第一次时,以双手发动防御魔法“圣甲之盾”,一边防御天神裂破・发展型和雷子震破一边发动这个魔法,所以应该不需要特别的动作就可能进行发动。~
从画面中来数,第一次至少发动了21发。
从奈叶的流星灵弹也只有12发这点来看,暗之书的意志很可能拥有惊人的控制能力。
另外,第二次在奈叶与菲特周围各有8发,即同时使用了16发。~
自动诱导型在发射之后就会失去控制功能。
因此,对干扰及误诱导的处理较弱也是其缺点,不过可以用弹速加以弥补。~
A'sDVD5卷解读书等资料中记载为Bloody Dagger,不过暗之书的发音为德语系。~
日语直译:染血的短剑~
使用话数:A's第10话~
//ブラッディダガーは自動誘導型とのことなので、闇の書の意志が誘導していないため、誘導能力→制御能力に記述を変更しました。
//ソニックフォームのフェイトが、完全に取り囲まれた状態から、同じ状態だったなのはを抱えて回避できたので、弾速、あるいは誘導性はそれほどではないかもしれないという仮説が放映当時にはあった。~

* 炮击魔法 [#v76ed8d1]
在魔导器(武器)上附着魔力,在以一对一的接近战为中心的贝尔卡式中,可以称得上是另一个极端的炮击・广域攻击魔法。~
实际上在正篇中发动过这个范畴的魔法的,只有暗之书以及其主人八神疾风。~

** 直射型 [#j2bfa77c]

***银槲之刃(Mistilteinn) [#t5d51524]
使用者:[[八神疾风>登場人物(A's)#j9f15369]]~
魔法等级:AAA+~
远程发生型的石化炮击魔法(官方)。以魔法阵为中心放射出6支,并在其中心产生1支,总计7支光之枪。
直接攻击力并不高,射程也很短,但是拥有令生体细胞凝固的“石化”追加效果。咏唱内容为
>「彼方より来たれ、やどりぎの枝。銀月の槍となりて、撃ち貫け。石化の槍、ミストルティン!」

语源为北欧神话登场的剑的名字,疾风咏唱中的“やどりぎの枝”也与此有关。~
使用话数:A's第12话~

***终世夕曲(Ragnarök) [#q356cd54]
使用者:[[八神疾风>登場人物(A's)#j9f15369]]~
魔法等级:S~
疾风与琳芙斯融合后所使用的强力直射型炮击魔法。~
在正三角形贝尔卡式魔法阵的各顶上上进行能量的填充,然后发射出各自效果不同的3连炮击。~
在与暗之书的混沌战斗的当时,是疾风与琳芙斯所能发动的最强的攻击魔法,不过由于会使用到夜天之书所积蓄的魔力,因此将暂时消耗夜天之书的页数,回复需要一定的时间。咏唱内容为
>“响起吧终焉的笛声,终世夕曲!”

与星光爆裂一样,于自己的脚下和放射面展开两个魔法阵。
在正篇中两个都是正三角形魔法阵,但是在DVD版中脚下的魔法阵变成了圆形。
推测可能是因为发动原理为米德切尔达式,而发射部分则使用贝尔卡式。~
//円形魔法陣は一見ベルカ式かとも思われるが、よく見ると内部で正方形が回転しているので、ミッドチルダ式魔法陣であることが判る。
//ベルカ式円形魔法陣の内部は六芒星
//この意味するところは不明である。~
//スターライトブレイカーと似ている描写から集束型にも見えるが、メガミマガジン掲載の設定資料集で直射型砲撃魔法に分類された。
在官方网站和前述中的设定资料集中所记载的名称是“Ragnarök”。
而作品中最后喊道的“Breaker”,应该是为了与奈叶一起唱名。~
在对暗之书的混沌时,为了削弱它的防御,与奈叶的[[星光爆裂ex>米德切尔达式(攻击)#kc583a64]]、菲特的[[雷牙裂覇>米德切尔达式(攻击)#x67dccb0]]同时炮击,形成所谓的“三重爆裂”。~
原本由于中弹时的威力扩散,可拥有广域攻击能力,但在正篇中使用时由于上述的协力炮击,疾风抑制了其扩散,而选择贯穿破坏型炮击,由琳芙斯进行调整。~
//行使時にこうした調整ができるのは融合デバイスの強み?
Ragnarök一词的语源,是指北欧神话中世界的末日,伟大神祗们的命运。在日语中多译为“众神的黄昏”。
疾风咏唱中的“终焉的笛声”,是指这个宣告世界末日开始的角笛Giallarhorn。~
使用话数:A's第12话~

首页   新建 一览 搜索 最近更新   帮助   最近更新RSS