[[NanohaWiki.cn]]
:MID-CHILDA System|
米德切尔达式魔法常规概念,请参见[[米德切尔达式(攻击)]]的开头。

#contents

* 防御魔法 [#g7e4e77c]

一般而言,魔导师经常会在身体周围产生坚固的保护屏障(这里说的屏障并非批后述中的屏障系防御魔法,而是指防护服以及相应的防御力场),受到打击的时候不至于对术者造成全额的伤害。~
因此,攻撃魔法必须要有破坏或贯穿这种屏障的能力,由此为了不被魔法击穿,防御用的魔法又成为了必要手段。~
换句话说,《魔法少女奈叶》的世界中,防御魔法可以说是用来防御魔法的魔法。~
屏障系和护盾系看上去是一种比较的万能防御魔法,却意外地无法对温度变化魔法奏效,必须依靠力场系进行防御。~
另外,生成的防御魔法被完全破坏的话,会对术者造成巨大的魔力损耗。~

** 力场系 [#ye3f8f90]
防護服及びそれに付随する防御フィールドを総称して、フィールドタイプの防御魔法と呼ぶ。~
防護服とは、魔導師が戦闘時に纏う、魔力で構成された衣服。ミッドチルダ式の場合は特にバリアジャケットと呼ぶ。
衣服だけではなく、衣服に覆われていない部分やデバイス本体も防御フィールドを生成して身を守ったり、空気抵抗を無効化している。~
魔力で出来ているので、発動中(身に付けている間)は常に術者の魔力を消費し続ける。
このため、基本的には必要な時のみにしか装備しない。
また、その消費魔力量には差があり、防御力に比例していると考えられる。~
相手の攻撃のみならず、自らの使用した魔力の逆流、暴発という危険性からも身を守るために、戦闘時だけではなく大規模な魔法の行使の時に着用することもある。~
防護服着用時に、それまで着ていた服がどうなっているのかについては、全く触れられていないので不明だが、1期第8話で防護服を解除して元の学校の制服姿に戻るシーンがあるため、少なくとも変身シーンの描写の通りに破れて消滅している、というわけではないようだ。~

***防护服(Barrier Jacket) [#o128664d]
使用者:[[高町奈叶>登场人物(1st)#o54c567b]]、[[菲特・泰斯塔罗莎>登场人物(1st)#g6607479]]、[[库洛诺・哈拉温>登场人物(1st)#mf999ab4]]、[[尤诺・斯克莱亚>登场人物(1st)#aa72df5a]]、[[阿露芙>登场人物(1st)#kb15ce47]]~
&ruby(バリアジャケット){防護服};を着用する魔法。~
通常、バリアジャケットの着用は、デバイスの起動と同時にそのデバイスによる自動詠唱で行われるが、何らかの理由で着用が行われなかった時には、後から別個に着用することも可能。~
また、ユーノやアルフのようにデバイス無しでもバリアジャケット着用は可能。~
ちなみに、変身シーンを見るとゆっくり着用しているように見えるが、実際に防護服を着用するのにかかる時間は、ほとんど一瞬のようだ。早送りをしているようなもの。~
使用话数:1期第2話、A's第9話~

***リアクターパージ(Reacter Purge) [#xe395a12]
使用者:[[高町奈叶(A's)>登场人物(A's)#z8bd1102]]~
なのはのバリアジャケットの最終防衛機能。限界を超えるダメージを受けた場合にバリアジャケット自らが爆発することで、受けたダメージを相殺して反らすことができる。
ただし、あくまでもダメージを相殺するのみで、[[ジャケットパージ>ミッドチルダ式#w10352b8]]のような外部への攻撃力は無い。~
ヴィータのラケーテンハンマーの直撃を受けた時、なのはのバリアジャケットの上着が吹っ飛んだのがこれ。~
戦闘中にジャケットの再構成をするような余裕は普通ないことから、最後の砦とも言える。~
名称はA'sDVDブックレットから。~
本編中では、A's第1話の1回しか描写がなかったが、セイクリッドモードでも使用できる可能性は高いと推測される。
また、自動防御であると思われる。~
参考までに戦車の装甲にも、似たようなものがある。~
使用话数:A's第1話~

***セイクリッドモード(Sacred Mode) [#lba26351]
使用者:[[高町奈叶(A's)>登场人物(A's)#z8bd1102]]~
レイジングハート・エクセリオンによってリファインされた、なのは専用バリアジャケット。~
以前のバリアジャケットと比較すると、見た目にはほとんど目立たないが、インナースーツの強化や手袋の追加、袖口の強化、両肩へフィールドジェネレーターを追加、等によって、主に上半身の防御力を上げている。~
その分、維持するための魔力消費が増大したのみならず、機動力も犠牲になっているが、「砲撃魔導師」であるなのはに最適化した結果と言える。~
A's第7話では、ヴィータに対して害意がないことを示すために、セイクリッドモードのみ着用して、レイジングハート・エクセリオンはスタンバイモードのままという格好をしていた。
ここから、セイクリッドモードもデバイス変形とは関係なく着用可能なことが判る。~
セイクリッド(sacred)は、「神聖な」という意味。~
使用话数:A's第4話、他~

***ライトニングフォーム(Lightning Form) [#hbdd0279]
使用者:[[菲特・泰斯塔罗莎(A's)>登场人物(A's)#bf9037fe]]~
バルディッシュ・アサルトによってリファインされた、フェイト専用バリアジャケット。
以降、フェイトは基本的にはこのライトニングフォームを纏い、必要時のみ下記のソニックフォームに切り替える、という方式をとっている。~
両足と左手の追加装甲に目を奪われがちだが、なのはのセイクリッドモードと比較すると、むしろ防御の強化はピンポイントに止めることで魔力消費の増加を抑え、元来の高速機動を存分に生かすことを目的としている。~
//その機動力は、技量では上回るシグナムと互角に渡り合うほどで、「閃光(ライトニング)」の名にふさわしいといえる。~
使用话数:A's第4話、他~

***ソニックフォーム(Sonic Form) [#h4821a38]
使用者:[[菲特・泰斯塔罗莎(A's)>登场人物(A's)#bf9037fe]]~
フェイトのバリアジャケットの換装形態。~
装甲をさらに薄くすることによってより高い高速機動を実現する。
見た目は、ほとんどレオタードにスパッツのみという状態。
さらに、手足にバルディッシュのフィンブレードやなのはのフライアーフィンのような光の羽「ソニックセイル」を生やしている。また、右手にも装甲が追加されている。~
圧倒的な運動性・機動性・攻撃速度を手に入れた分、「受け」に使用する手足以外は防御力は無いに等しく、加速と攻撃の反動に耐える以外の目的は無い。
攻撃に当たれば致命傷になりかねないのでまさに諸刃の剣といってよい。
元来の防御の薄さを補うのではなく、さらに長所である高速戦闘を追求するあたり、「速度」に全てを賭けたフェイトの決意の表れである。~
A's第7話で名前のみ登場。実際に披露したのは第9話だが、このときも仮面の戦士が乱入したため、真価は発揮できずじまい。~
第10話では、至近距離から囲まれた状態で放たれたブラッディダガーを回避するのみならず、同じく至近距離で囲まれていたなのはを救出するシーンで性能の片鱗をみせてくれた。
が、ラストで闇の書の意志に突撃をかけたところでは、距離がありすぎたためか、あっさり返り討ちにあう。
近接戦闘を主体としたこのフォームでの中距離以上の戦闘は向かないと思われる。~
ただし、DVD版ブックレットの解説によれば、このフォームはまだ未完成の状態で実戦投入となったらしい。~
使用话数:A's第9話、他~

***ジャケットパージ(Jacket Purge) [#y7e08b81]
使用者:[[菲特・泰斯塔罗莎(A's)>登场人物(A's)#bf9037fe]]~
バリアジャケットを構成していた全魔力を瞬間的に解放することで、周囲に対して衝撃とバインド破壊の効果を持つ魔力攻撃を行う。~
ただし、瞬間的にだが完全に無防備になる、再度バリアジャケットを構成する魔力が必要となる、等の欠点もある。~
本編中では、闇の書の意志が召喚した赤竜の触手に捕らわれたフェイトが、この魔法を用いて一気に脱出した。~
使用话数:A's第10話~
//描写から推測すると、能動的に使用することが可能と思われる。~
//上記のリアクターパージと同一のものかどうかは、今後の解説待ち
//なお、この時、ジャケットパージの使用前がライトニングフォームだったのに対して、使用後はソニックフォームになっていたが、これはバリアジャケットを再構成するのにソニックフォームの方が早く構成でき、魔力の消費も少ないためと思われる。~

** 屏障系 [#r0b39d62]
针对一定范围张设的防御魔法。
防御範囲はかなり広く、魔法によっては上下左右前後の全方位に対する防御をするものすらあるが、その分防御力そのものはシールドタイプの防御魔法よりは低い。~
一点集中させることでシールドタイプの様に運用することも可能だが、高い技術が要求される。~
どちらかといえば、杖による自動防御として使われる場合が多い。~

***プロテクション(Protection) [#j380b8cc]
使用者:[[高町奈叶>登场人物(1st)#o54c567b]]~
魔法等级:E~
奈叶最初首次使用的魔法。
正式名、アクティブプロテクション(Active Protection)。~
触れたものに反応し、対象を弾き飛ばす性質を持った防御バリアを発生させる。特に物理攻撃に対する耐性が高い。~
発動速度が早く防御範囲が広いうえ、魔力も小さくてすむが、元々の防御力は低い。~
しかしながら、なのはの高い魔力と防御出力により、強固な防御力を持つようになった。~
なのははオートガードに設定しているので、レイジングハートが自動使用することが多い。~
使用话数:1期第1話、他多数~

***ワイドエリアプロテクション(Wide Area Protection) [#vb02ccda]
使用者:[[高町奈叶>登场人物(1st)#o54c567b]]~
広域防御魔法。プロテクションとは異なり攻撃力は持たないが、その代わりに広範囲を強力に防御できる。~
//レイジングハートエクセリオンになってからも使用された。~
A's第10話においては、アリサとすずかを闇の書の意志が放ったスターライトブレイカーの拡散魔力から守るために最前列で展開。
広い防御面を取ることで、前面集中防御と背後への回りこみ防止を両立させている。
この際カートリッジを2発使用しており、更にバリア出力の底上げを行っていると思われる。~
漫画版Report1では、レイジングハートをスタンバイモードのまま、魔法の練習として「広域防御魔法」を詠唱しているが、この魔法と同じものかは不明。
このときの詠唱は、
>「守護する盾 風を&ruby(まと){纏};いて鋼と化せ すべてを阻む 祈りの壁 来たれ我が前に…」~

使用话数:1期第4話、A's第10話~

***ライトニングプロテクション(Lightning Protection) [#k08a75dd]
使用者:[[高町奈叶>登场人物(1st)#o54c567b]]~
対雷撃系防御魔法。フェイトのサンダーレイジを防ぐためにレイジングハートが自動展開した。~
使用话数:小説版~

***プロテクション・パワード(Protection Powered) [#hbaa1cc7]
使用者:[[高町奈叶(A's)>登场人物(A's)#z8bd1102]]~
「強化(パワード)」の名の通り、レイジングハート・エクセリオンによる、より出力の高いバリア。~
その強度は、かつてプロテクションとラウンドシールドを破ったラケーテンハンマーを(直後にバリアバーストを併用して)防いだ。~
ただし、強固な分、魔力消費は激しく、カートリッジシステムで強化された魔力を頼りにしている。~
使用话数:A's第5話~

***バリアバースト(Barrier Burst) [#y819c5e2]
使用者:[[高町奈叶(A's)>登场人物(A's)#z8bd1102]]~
プロテクション・パワードの派生魔法で、敵の攻撃を受けている最中にバリアを爆発させることにより、相手にダメージを与えるとともに爆風と衝撃により距離をとる。~
砲撃魔導師であるなのはにとっては、相手と接敵している状況から、距離を取り、自分の有利な間合いとするための魔法の一つ。~
本編中でも、これによって距離を取ってからアクセルシューターの射撃につなげている。~
レイジングハートが自動起動させた可能性が高い。~
使用话数:A's第5話~

***ディフェンサー(Defensor) [#v5ad3380]
使用者:[[菲特・泰斯塔罗莎>登场人物(1st)#g6607479]]~
魔法ランク:D~
高速自動防御魔法。~
機動力に優れ、「防ぐ」よりも「かわす」ことに特化したフェイトは、防御魔法は苦手で、このディフェンサーも、バルディッシュの自動詠唱による最低限の防御でしかない。~
※綴りはバルディッシュの表示からの推測で、語尾が-erか-orかは不明。
小説及び本編の表記は-erである。~
使用话数:1期第6話、他~

***ディフェンサープラス(Defensor Plus) [#j6dccd7f]
使用者:[[菲特・泰斯塔罗莎(A's)>登场人物(A's)#bf9037fe]]~
ディフェンサーの強化版。受け止めるよりは反らすための防御魔法で、膜状のバリアを発生させる。~
A's第10話ではカートリッジを2発使用し、闇の書の意志が放ったスターライトブレイカーの拡散魔力からアリサとすずかを完全に防御するため、半球型で遠隔発動させている(これは防御出力の高くないフェイトにとっては負担となったようである)。~
また、その前面でフェイトはさらにラウンドシールドを展開し、威力がディフェンサープラスに接触する事を最小限に押さえ込もうとした。~
初めて名称がでたのはA's第10話だが、A'sDVD3巻ブックレットで、A's第7話で使用したのもこの魔法であることが明らかにされた。
このときは攻撃命中箇所に集中することにより防御効果を高めている。~
使用话数:A's第7話、第10話~

***サークルプロテクション(Circle Protection) [#zaae5e1e]
使用者:[[尤诺・斯克莱亚>登场人物(1st)#aa72df5a]]、[[阿露芙>登场人物(A's)#g9ec5fdd]]~
魔法陣から発生させた強固なバリア。地上では半球型をとる。~
その強固さは、アルフのバリアブレイクすら防ぎきったほどである。
といっても一瞬では破れなかったというだけで、その一瞬の間隙をついたユーノは転移魔法でアルフごと別の場所に移動したので、そのまま続けていればプレシアのとき同様破れたかもしれない(バリアブレイクはシステム介入なので)。~
アルフもA's第5話で使用。こちらは空中で使用した為に2枚の魔法陣による円柱形をしている。
闇の書の破壊の雷に対して、アルフが自分となのは、フェイトの3人(正確には2人と1匹)を一気に囲って防御した。
アルフが使用した防御魔法がこれであることは、A'sDVD2巻ブックレットに記述された。
アースラにいたとき、ユーノに教えてもらったとのこと。~
使用话数:1期第5話、A's第5話~

***スフィアプロテクション(Sphere Protection) [#b1e9f938]
使用者:[[ユーノ・スクライア>登場人物(A's)#tf10a0c4]]~
保護対象の全方位を球状に覆う防御魔法。主に空間攻撃などの全包囲攻撃に対するための魔法。~
球形をしたユーノの防御魔法。闇の書の破壊の雷に対して、この魔法で遠くにいたなのは、フェイト、アルフの3人と自分の周囲の2カ所に同時に発動させて守っている。複数生成、そして相当の防御力(このとき、ユーノ自身は一人で爆撃を防いでいる)を誇る。~
名称はA'sDVD2巻ブックレットが初出。~
使用话数:A's第5話~
//議論の決着がつくまでコメントアウト
//なのは達から50mも離れてないから遠距離発動ではない。
//そもそもユーノは遠距離発動できない。

***防御魔法 [#j7843893]
使用者:[[プレシア・テスタロッサ>登場人物(1期)#xd6262e4]]~
1期第11話で武装局員の攻撃を防ぐために使った。~
透明な壁が存在するような感じで、武装局員の魔法が突然遮断された。~
※防御動作がないことからバリアタイプに分類したが、シールドタイプの可能性もある。~
使用话数:1期第11話~

***ホイールプロテクション(Wheel Protection) [#x623b8aa]
使用者:[[假面战士>登場人物(A's)#qd1edbac]]~
防御面に魔力の渦を生じさせ、受け止めた力を消滅させる効果のあるバリア。~
ザフィーラから攻撃を受けた際に使用し、完全に防御している。
シールドタイプにも見えるが、A'sDVDブックレットでバリア系に分類された。~
使用话数:A's第9話~

** 护盾系 [#a6c6ea93]

由术者主动使用的防御魔法。其牲是范围较小但强度却极高。~
可能形成多面体,因此可以像屏障系那样使用,但对技术要求非常高。~

***ラウンドシールド(Round Shield) [#l5bf0cb2]
使用者:[[高町奈叶>登场人物(1st)#o54c567b]]、[[菲特・泰斯塔罗莎>登场人物(1st)#g6607479]]、[[库洛诺・哈拉温>登场人物(1st)#mf999ab4]]、[[ユーノ・スクライア>登場人物(A's)#tf10a0c4]]、[[阿露芙>登场人物(A's)#g9ec5fdd]]~
魔法陣を使用した円形の盾を作り出す防御魔法。~
一方向のみの防御しか出来ないが、その分防御力は高く、特に魔力弾への防御に優れる。~
多くの魔導師が使用する防御魔法。本編中で初出はクロノが使った1期第8話。なのはの初使用は1期第11話。~
//防御・補助の得意なユーノは、デバイスを用いずに緻密な術式でシールドを組める。~
//強度は、幼少時のなのはの本気のディバインバスターで押し負けるかどうかの、とても頑丈で強固。ランクで言うとAA相当(漫画版より)。~
//↑発言から膨らませすぎ。ラウンドシールドであるという論拠がない。防御がなのはのそれなりの技でないと破れないほど強固というだけならキャラ個別記述にて言及済み
なのはの使用するラウンドシールドは、元々ラウンドシールドが防御に優れている上、結界魔導師ユーノから直接指導を受けたため非常に強固なものになっている。~
A'sではさらに練度が上がり、[[インテリジェントデバイス]]なし(待機モード中)でも発動できるようになった。~
A's第1話では両手で同時に発動して、シュヴァルベフリーゲンとテートリヒシュラークを受け止めたシーンもあるが、この時は衝撃を完全には吸収できず、吹き飛ばされ軽傷を負っている。~
//映像を見る限り、A's第9話のものはラウンドシールドの特徴である魔法陣が見えず、プロテクションパワードではないかと思われる。
また、現在のところ正面からこれを破ったのは、ヴィータのラケーテンハンマーと、闇の書の意志のシュヴァルツェ・ヴィルクングの2例だけで、同じ闇の書の意志によるデアボリック・エミッションは防ぎ切っているが、このときはシールド面を大きく取り、保護対象であるフェイトへの、「回り込み」の直撃も防いでいたためか発動後腕を押さえる描写が見られた。~
使用话数:1期第8話、第11話、他多数~

* 捕获系魔法 [#n41bb0fa]
将目标捕捉的魔法。~
虽然会被[[バインドブレイク>ミッドチルダ式#u1f9f3cc]]等束缚破坏魔法所破坏,但由于被命中后就无法使用动态触发(魔导师通过自己的动作启动魔法),因此可以防止对手使用大规模的魔法。
另外,在经常使用高速机动战的魔导师之间发生战斗时,一旦完全停止对手的行动就意味着自己的胜利,所以可以说是也在辅助魔法中是经常使用的魔法。~
//本編内ではほとんどの魔導師が使用するが、特に技術面ではユーノ、戦場での相手の裏をかく設置の手際という意味ではクロノの使用が印象深い。

** 束缚系 [#r0279dd8]

在停止目标行动的魔法中,用于空间固定的一类。以魔力形成绳、链、环等形态封锁对象行动。~
有设置于一定空间内,对进入范围的对象进行发动的设置型,也有对目标直接发动的类型。~
另外,诸如[[バレルショット>ミッドチルダ式(攻撃)#ye223be7]]及[[サンダーレイジ>ミッドチルダ式(攻撃)#pbd2177c]]之类,一部分攻击魔法也同时具有束缚效果。~
称呼出现于A'sDVD第1卷解读书。~

***延时锁链(Delayed Bind) [#ydc9a77a]
使用者:[[库洛诺・哈拉温>登場人物(A's)#c89423de]]~
设置型捕获魔法。将进入特定空间的对象束缚。
库洛诺在委托魔导师考试的战斗考试时,对菲特使用。~
描写では、チェーンバインドと同様に魔力の鎖で相手を捕らえていた。~
当时,库洛诺使用了在其他魔法发射前预先咏唱这个魔法的战术。~
咏唱为

>“驰骋苍穹的白银之翼,呼啸吧风之剑”~

使用话数:漫画版Report2~

***长距离束缚魔法(Long Range Bind) [#g00b4b30]
使用者:[[假面战士>登場人物(A's)#qd1edbac]]~
A's第7话中,将天神裂破・EX进入发射态勢的奈叶束缚的光圈。~
并不像レストリクトロック和ライトニングバインド那样将手脚完全束缚,后被奈叶从内侧挣脱。
这是由于假面战只设置了用于牵制奈叶的强度,还是由于距离太远的缘故,或者是时间不够所致,各种说法不一。~
不过,从发动的距离上看,是可与天神裂破・EX射程媲美的超远距离束缚。~
使用话数:A's第7话~

** 牢笼系 [#c15b918d]

形成由物理、魔力两方面对象从内部脱离的“牢笼”,阻碍对象行动的魔法。~
相对于束缚系需更多的发动时间以及消耗更大量的魔力,因此不适合用于高速战斗,除了可配合地形使用外,在应用上也是比束缚更加坚固的捕获、拘束魔法。~
关于牢笼系的记载最初出现于女神杂志2006年4月号的设定资料集。
当时资料集上所写的并不是“ケイジ”,而是“ケージ”。

***水晶牢笼(Crystal Cage) [#fd8bebc5]
使用者:[[假面战士>登場人物(A's)#qd1edbac]]~
魔法等级:AA~
如其名,在对象周围形成半透的な正四角锥形(即金字塔型)牢笼。
发动后,由于无法使用魔力资源,因此是将已经被束缚系捕获的对手进一步拘束的强力魔法。
(女神杂志2006年4月号设定资料集)~
正篇中,假面战士将设置了4重束缚的奈叶和菲特关入其中。~
使用话数:A's第9话~

* 辅助魔法 [#p1407f3e]

顾名思义,不进行直接战斗,而是用于辅助的魔法。
范围很广,需要根据情况来决定如何使用,同时必须经过大量的学习。~

**补充系 [#ra81d5f7]

向对象赋予效果的魔法。

***魔力供给(Divide Energy) [#j1437dff]
使用者:[[高町奈叶>登场人物(1st)#o54c567b]]~
向对方提供魔力的魔法。分配的量可以由供给者决定。~
奈叶使用该魔法,为以天雷飓暴产生魔力流,并在对付圣石之种失控过程中耗尽魔力的菲特补充魔力。
当时奈叶的台词是
>“我们两人一人一半”

画面中,可以看到魔力的光芒(魔力光的颜色为奈叶的樱色)从旭日之心流向巴鲁迪修的描写。~
使用话数:第1季第9话~

***フィジカルヒール(Physical Heal) [#sf4325ff]
使用者:[[ユーノ・スクライア>登場人物(A's)#tf10a0c4]]、[[库洛诺・哈拉温>登场人物(1st)#mf999ab4]]、他~
肉体的な負傷の治癒のための魔法。即効性。
とくに本編ではユーノが専門としているようだが、1期第13話ではクロノが使っているのも確認されている。~
名称はA'sDVDブックレットが初出。~
使用话数:第1季第13话、A's第2话、等~


* 仪式魔法 [#t8424802]

分类于仪式魔法的魔法相当少,所以什么样的魔法才称之为仪式魔法目前不详。~
漫画版Report2,菲特与阿露芙实施了气象操作、长距离转送、力场形成等4种仪式魔法,除天雷飓暴以外都没有特别的描写,具体情况不详。~
//長い詠唱と何らかの触媒が必要、というのが一般的な儀式魔法だと思われるが。~

***天雷飓暴(Thunder Fall) [#c87cdaa9]
使用者:[[菲特・泰斯塔罗莎>登场人物(1st)#g6607479]]~
对局部造成落雷的气象操作魔法。~
正篇中用于从外部向掉落在海中无法回收的圣石之种施加魔力,强行令其进入失控状态。
另外在漫画版Report2中,时空管理局委托魔导师认定考试的题目之一,便是实施仪式魔法,这时出现了菲特与阿露芙合作完成魔法场景。~
正篇中的发动咒文如下。~
>“阿尔卡斯・克尔塔斯・艾基亚斯。化作闪光的天神啊,在我的指引下降临吧。巴尔艾尔・扎尔艾尔・布劳泽尔。落下的是闪电,鸣响的是轰雷。阿尔卡斯・克尔塔斯・艾基亚斯。”

使用话数:第1季第9话、漫画版Report2~

* 召唤魔法 [#ga57ef6a]

***赤龙召唤 [#tb47a85e]
使用者:魔导师(名字不详)、[[暗之书的意志>登场人物(A's)#ma1090cb]]~
威力:AA~
操作性能:E~
用以召唤龙的魔法。当时,使用了一个巨大的(从画面上看,直径达数十公尺)魔法阵。
漫画版Prologue中,与希格纳姆战斗的魔导师使用了该魔法,但却被雷班帝的紫电一闪轻松击败。~
正篇、SS、漫画版以及小说版中,并未出现过其他使用米德切尔达式的魔导师所使用的召唤魔法。
不过从使用的魔法阵来看,肯定是属于米德切尔达式的魔法。~
可能是在魔力收集的过程中复制了该魔法,之后暗之书的意志也曾使用。
但并未召唤出龙的本体来展开攻击,只是利用它的触手将奈叶与菲特束缚起来。
另外,当时也没有使用魔法阵。~
使用话数:漫画版Prologue、A's第10话

首页   新建 一览 搜索 最近更新   帮助   最近更新RSS